税理士 名古屋市・名古屋のよねづ税理士事務所

マトリックス会計とは−名古屋 税理士/名古屋市の税理士事務所

 今通常行っている、科目を左右に分けて並べて書くT字スタイルは、
およそ500年前にイタリアで考えられたものです。

 その後、科学や技術は発展したのにも関わらず、このT字スタイルは
ずっと進歩がなく今に至っています。

 「貸借対照表」
 「損益計算書」
 「製造原価報告書」
 「キャッシュフロー計算書」

 このように何種類かに分けて表示されている財務諸表を見て、全体を
理解できる人は、一部の専門家を除けばゼロに等しいのではないでしょ
うか。



 これに対して、マトリックス会計は、借方・貸方を左右に並べるので
はなく、横・縦に並べたものです。

mx.jpeg


 こうすることで、数種類に分かれた財務諸表がたった1枚で一望でき
ようになります。

 それだけでは、ありません。ある科目についての期間中の動きがわか
るのです。
 通常の財務諸表は、最終的な残高や1年間の総額しか表示されていな
いのに対し、マトリックス会計は、科目の組合せを表示しているためで
す。


 たとえば、

 現預金の欄をみれば、まさしく資金繰り表となっています。

 借入金の欄をみれば、期中の新たな借入と返済が相殺されることなく
表示されています。

 本来ありえない組合せの欄に数字が表示されていれば、それは異常仕
訳ですから、すぐに調べることもできます。


 逆にいえば、仕訳の段階では存在した、せっかくの科目の組合せ情報
を、通常の財務諸表では全く削除して表示しているのです。

 科目の組合せ情報も表示する、このマトリックス会計こそ、合理的な
形式だと考えるのです。


右左会計 マトリックス会計
財務三表バラバラ 財務四表が一体化
一覧性なく、専門家が必要(理解困難) 一覧性があり、理解簡単。
相互関連性なし 相互関連性あり
科目の相互関係、仕訳時のみ 借方貸方の相互関係保存
経営分析複雑 経営分析簡単
諸口可能 諸口不可能
学習複雑 学習簡単
すべての仕訳は見えない すべての仕訳が見えている
各表自体のまとまりはよい 各表の要素は散らばっている



税理士 名古屋市・名古屋の税理士事務所
SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi