税理士 名古屋市・名古屋のよねづ税理士事務所

要素法で考えよう−名古屋 税理士/名古屋市の税理士事務所

 これまでの会計の常識では、よくわからなかったことが、会社の経営成果を決定づける5つの要素に分解すると、一目でパッとわかるようになります。

coffee.JPG


 上記の、P、V、Q、F、Gが、5要素です。

   
   P:平均売価
   V:変動費単価
   Q:販売数量
   F:固定費
   G:利益


 また、P−V=M(付加価値単価)とします。このMは5要素には入りませんが、いわば5要素の補欠選手の働きをします。


 これらの5つの要素が、事業の状況によって変化すると、会社の経営は良化したり、悪化したりするのです。

 この5要素をどう変えていくか、そのために何をすべきかを意思決定し、実行していくことが経営の中心といえます。

 この要素法で考える点が、戦略MQ会計特長であり、これによって、科学的でしかも誰にでもわかる会計が実現したのです。


 こんな単純なことが経営に役に立つのか?という疑問を持たれる方もみえるかもしれません。


 しかし、「単純こそ最高の知性」なのです。

 100人のうち1人だけが分かるものより、100人のうち80人が分かるものの方が遥かに優れているのです。


 また、「細かいことは悪いこと」でもあります。

 重箱の隅をつつくような考え方では、全体がつかめません。全体がつかめないとかえって間違った判断をする可能性も高くなります。

 マクロに経営の現状をつかむことが大切なのです。マクロにつかんで早めに手を打つ、というのが経営者が身に付けるべき考え方なのです。 
   

  (参考:西順一郎「人事屋が書いた経理の本2」ソーテック社)

税理士 名古屋市・名古屋の税理士事務所
SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi