税理士 名古屋市・名古屋のよねづ税理士事務所

その他の損益分岐点分析−名古屋 税理士/名古屋市の税理士事務所

損益分岐点は、売上高だけではない!


 戦略MQ会計における損益分岐点は、売上高だけではありません。


   企業方程式 PQ=VQ+F+G

 で
   G=0円

 とすればいいわけですから、さまざまな変形が可能になります。


P0(損益分岐売価)公式

  P0公式は、ある条件下での損益分岐売価を求めるための公式です。

      P0=(VQ+F)/Q=V+F/Q


 たとえば、V5000円の商品を仕入れてQ800個売るとしましょう。
 固定費は、今月2000,000円かかると見込んでいます。
 損失を出さないためには、最低何円の価格で商品を売らなければならないでしょう。

      P0=5000円+2,000,000円/800個=7,500円
 
 となります。


V0(損益分岐変動単価)公式

 同様に

      V0=(PQ−F)/Q=P−F/Q

 たとえば、上の例で売価7,000円に値引きして800個売る場合、どれだけ仕入単価を下げることが必要になるのでしょうか。

      V0=7,000円−2,000,000円/800個=4,500円

となります。



Q0(損益分岐売上数量)公式

      Q0=F/(P−V)=F/M


 たとえば、上の例で売価を下げて7,000円で売ることを検討しているとします。赤字を出さないためには、最低何個売る必要があるでしょう。


      Q0=2,000,000円/(7,000円−5,000円)=1,000個  


 となり、上の例よりも200個余分に売らなければならないことになります。


このほかにも、

F0(損益分岐固定費)公式


      F0=PQ−VQ=(P−V)×Q=MQ

M0(損益分岐付加価値単価)公式

      M0=F/Q

の公式が導かれます。


 このように、戦略MQ会計では、損益分岐点売上高だけではなく、さまざまな損益分岐点を算出することが可能になっています。


(参考:西順一郎、藤井義信「人事屋が書いた経理の本2」ソーテック社)

税理士 名古屋市・名古屋の税理士事務所
SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi